これで納得!賃貸探し成功のルール
これで納得!賃貸探し成功のルール

賃貸探しは繁忙期を避けるのがベター

私は3月に引越しをしたことが何度かあります。4月からの転勤で、1月頃から探し始めて2月には借りる賃貸を決め、3月に引越しをする、という感じです。私の勤めていた会社では転勤の辞令が2ヶ月前、内示が3ヶ月前でした。どこの会社もそんなものだと思います。この時期は転勤や入学が重なるため、賃貸の需要が最も高まる時期です。賃貸物件は山のようにありますので、競争が激しいというわけではありませんが、不動産屋が忙しいので、あまり丁寧な対応を受けられない、というのは事実です。実際不動産屋の担当者に全く別の人の話と混同されたり、全く別の人の書類を間違って渡されたりしたこともあります。物件を見に行く時も、私一人ではなく、見ず知らずの人と何人かで案内されたこともあります。いくら単身赴任とはいえ、何年かは住む家ですのでこちらとしては真剣です。それなのに担当者が片手間、というのは良い気がしませんが、忙しい時期は仕方がないかとも思います。

私のように、仕事の都合で引越しの時期を選べない人は仕方がないと思いますが、そうでなければこの時期は避けたほうが良いと思います。迷ってばかりいると、営業の人にイライラした態度をされてしまいます。気が弱いので私がそう思ってしまうだけかもしれませんが、客が多いのですから、一人の客に時間をかけていられないのは事実だと思います。気持ちが焦るとろくなことはありませんので、賃貸の繁忙期ともいえる1〜3月を避けられるのであれば避けたほうが無難です。5月や6月に空いている部屋は繁忙期に借り手がいなかった物件なので、あまり良い部屋は残っていないなどと思っている人もいるようですが、これは全くありません。引っ越す理由は人それぞれです。1月〜3月が多いというだけで、それ以外の時期に引っ越す人がいないわけではありません。部屋が空けば賃貸物件は入居者を募集しますので、年中空室はあります。ゆっくりと探せる時期のほうが、良い物件が見つかりやすいと思います。

関連リンク